健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

下痢のこんな症状は要注意

下痢のこんな症状は要注意


左下腹部の痛みと発熱、嘔吐を伴い、1日数回から10回以上の下痢がある場合は、急性腸炎の疑いがあります。

腹痛とともに、数回から10回以上の下痢を起こし、水のような便に血が混じる場合は、潰瘍性大腸炎やO−157による感染の危険性があります。

また、激しい腹痛に吐き気を伴う場合は、食中毒の恐れがあります。


便秘と下痢を繰り返し、便に赤っぽい血液や粘液が混じる場合は、大腸がんの可能性があります。

いずれにしても早急に秒に行くことが大切です。
タグ:下痢 腹痛 嘔吐

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。