健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

下痢のこんな症状は要注意

下痢のこんな症状は要注意


左下腹部の痛みと発熱、嘔吐を伴い、1日数回から10回以上の下痢がある場合は、急性腸炎の疑いがあります。

腹痛とともに、数回から10回以上の下痢を起こし、水のような便に血が混じる場合は、潰瘍性大腸炎やO−157による感染の危険性があります。

また、激しい腹痛に吐き気を伴う場合は、食中毒の恐れがあります。


便秘と下痢を繰り返し、便に赤っぽい血液や粘液が混じる場合は、大腸がんの可能性があります。

いずれにしても早急に秒に行くことが大切です。
タグ:下痢 腹痛 嘔吐
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。